スポンサーリンク

RobiHachi

RobiHachi

出典 (C) 馬谷たいが/株式会社ドンツー 

【RobiHachi 概要】

G.C.0051。超光速航行技術を手にした人類は、いくつかの種族(宇宙人)と惑星連邦を結成していた。

NEO TOKYOの住人・ロビーと、一人の青年・ハッチはひょんなことから出会い、銀河の彼方、訪れると幸せになるという伝説の惑星「イセカンダル」を目指すことになる。

ロビーとハッチ、ギャラクシー街道を突き進む二人のドタバタ劇を描く。

キャストは、ロビー役を中井和哉、ハッチ役を河本啓佑が担当。そのほか、阪口大助、杉田智和、木村昴、徳留慎乃佑といった、幅広い年代から支持を集める役者が並んでいる。

【RobiHachi 放送局/放送日時他】

  • AT-X:2019年4月8日(月)23:30~
  • BS11:2019年4月8日(月)24:00~
  • TOKYO MX:2019年4月8日(月)24:30~
  • 毎日放送:2019年4月13日(土)26:08~
  • AbemaTV:2019年4月8日(月)23:30~

スポンサーリンク

【RobiHachi ストーリー】

第1話:「旅は道連れ Journey to the Star」

宇宙人とのファーストコンタクトから半世紀、人類が自由に宇宙旅行を楽しめるようになったNEO TOKYO――。顔は悪くないが美女とおいしい金の話に弱い残念アラサーのロビーは・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第2話:「タコから出た真実(まこと)」

宇宙人とのファーストコンタクトから半世紀、人類が自由に宇宙旅行を楽しめるようになったNEO TOKYO――。顔は悪くないが美女とおいしい金の話に弱い残念アラサーのロビーは・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第3話:「冥王星の惑星恨み」

火星を出発し、ギャラクシー街道に沿って宇宙船『ナガヤボイジャー』でイセカンダルへ向かうロビー、ハッチ、イック。ところが、謎の宇宙船に行く手を阻まれ、冥王星に強制着陸することに。そこには・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第4話:「竿の先に半魚人」

いよいよロビーとハッチらを乗せた宇宙船『ナガヤボイジャー』は太陽系の外へ。まず最初に訪れたのはギャラクシー街道第9番プラネット『オダワーラ』だった。早速、わくわく繁華街に出てみると・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第5話:「地獄の沙汰もドン次第」

『オダワーラ』を飛び立った宇宙船『ナガヤボイジャー』。イセカンダル詣でにいく為には、ギャラクシー街道第一関所がある『ハッコーネ』を通過せねばならない。温泉露天風呂を楽しみにハッコーネに着陸するのだが・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第6話:「寝耳にウナギ」

ロビーとハッチが次に訪れたのは『ハママⅡ』。この星の名物はウナギである。地球ではトッチャイナ星人の乱獲により、ウナギはすっかり獲れなくなっていた。噂に聞くだけでウナギを見たことも食べたこともないハッチは・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第7話:「一寸先は夢の国」

ヤン達が迫る『ハママⅡ』から逃げ出したロビーとハッチは、次なる宿場星『アッカ・サッカ』へ。――そこは夢と冒険、そして愛と希望に満ち溢れた丸ごと全て一大テーマパークの星。しっかり入園料も取る。パーク内に入るなり・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第8話:「メカるが勝ち」

ロビー達は次なる宿場星『マルベリー7』へ。しかしイックの策略で機械人間の星『マルベリー8』へ。『メカにあらずんば人にあらず』とスローガンを掲げ・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第9話:「亭主の好きなヒザクリガー」

故障してしまったヒザクリガーを修理する為、次の宿場星『ヨッカマルシェ』に立ち寄るロビー達。実はナガヤボイジャーもヒザクリガーも・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第10話:「相棒喧嘩は犬も喰わない」

とうとう最終目的地『イセカンダル』が目前に迫るロビー達。しかし、イセカンダルに向かう為にはその前に関所を通らねばならない。借金を抱えているロビーはブラックリストに載っており・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

第11話:「聞いて極楽、イセカンダル」

ギャラクシー街道の最終目的地『イセカンダル』に到着したロビー達。しかし、イセカンダル参拝にはいろいろと段取りがあるらしい。段取りに沿って今夜は宿に泊まってお参りは翌朝からすることに。その前に・・・。

見逃し配信はこちら(外部)

【最新話はこちら】

第12話(最終回):「月の夢、地球の夢」

見逃し配信はこちら(外部)

スポンサーリンク

【RobiHachi 声優】

  • ロビー・ヤージ:中井和哉
  • ハッチ・キタ:河本啓佑
  • JPS-19(イック):阪口大助
  • ヤン:杉田智和
  • アロ:木村昴
  • グラ:徳留慎乃佑

【RobiHachi スタッフ】

  • 原作:馬谷たいが
  • 監督:高松信司
  • 企画原案・シリーズ構成:金杉弘子
  • キャラクターデザイン:八尋裕子
  • コンセプトデザイン:三沢伸
  • アニメーション制作:スタジオコメット

 

 

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON
どろろ

関連記事一覧

同居人はひざ、時々、頭のうえ。

原作:みなつき、漫画:二ツ家あすによるWebコミック『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』がTVアニメ化され、2019年1月より放送スタート!

賢者の孫

吉岡剛(著)/菊池政治(イラスト)によるライトノベル『賢者の孫』がTVアニメ化され、2019年4月より放送スタート!

ハイスコアガール

ハイスコアガール:90年代ゲームを題材にしたギャグコメディ。一連の著作権騒動から5年の月日を経てアニメ化へ。

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

「KING OF PRISM」シリーズ第3弾となる作品『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』が、2019年4月より放送スタート!

狐狸之声(きつねのこえ)

中国の大手動画配信サイトIQIYIが出資、SUCCESSと、ゆめ太カンパニーが制作する中国アニメ『狐狸之声(きつねのこえ)』が、2018年10月より放送スタート!

スポンサーリンク