スポンサーリンク

未解決の女 警視庁文書捜査官

未解決の女 警視庁文書捜査官

未解決の女 警視庁文書捜査官

2018年春、初共演となる波瑠と鈴木京香が女刑事に扮し、強力タッグを結成します!
主演・波瑠が演じるのは、体力と柔術には自信のある肉体派熱血刑事・矢代朋。
燃える正義感と情熱、直感を武器になりふり構わず、
無鉄砲な捜査で事件解決に奔走する、真っすぐな女刑事です。
一方、鈴木が演じるのは、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙。
わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる“文書解読のエキスパート”で、
「人より文字が好き」と豪語する、ちょっぴり浮世離れした女刑事です。

そんな一見正反対の2人が
未解決事件の文書捜査をする「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)で出会い、
“凸凹バディ”を組むことに…!
2人は「倉庫番」と揶揄されて窓際部署扱いされる第6係で、
沢村一樹演じる“イヤ~な上司”や、
工藤阿須加、高田純次、光石研、遠藤憲一らが演じる“個性豊かな男性捜査官たち”と
パワフルに対峙しながら、未解決事件を次々と解決。
一筋縄ではいかない捜査を通して“無敵のバディ”へと成長していきます。

爽快な謎解きプロセスと併せ、
朋と理沙、濃ゆ~い男性陣の個性的なキャラクターも楽しめる
新感覚ミステリー『未解決の女 警視庁文書捜査官』。

波瑠の出世作『あさが来た』でもおなじみの脚本家・大森美香氏が、
瑞々しい人間描写を散りばめながら軽やかに描く

放送日時

4月19日スタート 21時~ 放送

未解決の女 警視庁文書捜査官 コメント

キャスト

  • 矢代朋(やしろ とも) – 波瑠
    第6係の刑事。巡査部長。一人称は「自分」。目が大きいことから鳴海には「ホルス」、古賀には「目力」と呼ばれている。
    物語当初は第3強行犯捜査 殺人犯捜査第5係に赴任していたが、大けがから復帰後に捜査一課長から異動を命じられた。
    草加と一緒に行動して聞き込み調査をすることが多い。対人関係が苦手な鳴海の代わりに、イヤホンを使って彼女の指示を受ける形式(通称:コナン君形式)で聞き込み調査や被疑者の取り調べをすることもある。
    第7話で秋田に拳銃で撃たれたが、鳴海の文書力を見習って購入した辞書のおかげで弾丸を貫通せず無傷で済んだ。
  • 鳴海理沙(なるみ りさ) – 鈴木京香
    第6係の刑事。警部補。「倉庫番の魔女」の異名を持つ。警察官の祖父に勧められて同じ道に進んだ。
    文書解読のエキスパートとして、未解決事件捜査の突破口を切り開いている。個室でくつろいでレコードを聴きながら文書解読することが多い[注 1]。謎が解明したときに「文字の神様が下りてきた」との言葉を発する。自分の気に入らない言葉や言葉の使い方を間違っているとすぐに訂正を求める。
    12年前の坂下芽以誘拐事件を担当したが未解決に終わり、後に精神的なダメージを負った坂下菜々美に罵倒されたことが原因で対人関係が苦手になる。
  • 古賀清成(こが きよなり) – 沢村一樹
    室長。警視。
    他人の手柄を横取りするのが多いことで鳴海と川奈部には腹黒男と思われている。第6係のメンバーを「倉庫番」と呼んで邪魔者扱いしている。
    特命捜査対策室室長の職を左遷されたと快く思ってないが、代議士・官僚等の身分の高い人物が絡む事件になると目の色を変えて部下の刑事たちを率先し、自分の手柄にして次期の捜査一課長のポストを狙っているあからさまな態度をとる。
  • 財津喜延(ざいつ よしのぶ) – 高田純次
    第6係の係長。警部。
    恐妻家。定時に帰って夕飯の買い出しに行くことを日課としている。普段は飄々としているがかなり切れ者。
  • 草加慎司(くさか しんじ) – 遠藤憲一
    第6係の主任。警部補。「お遍路」の異名を持つ。パソコン操作が苦手。2年前から第6係に配属している。
    無駄なセリフを吐かないことを美学と考えている。
  • 吉田治郎(よしだ じろう) – 西銘駿(男劇団 青山表参道X)
    第2係の刑事。
  • 由比雄一(ゆい ゆういち) – 植木祥平
    第2係の刑事。
  • 庄野仁(しょうの じん) – 裵ジョンミョン
    第2係の刑事。
    第3強行犯捜査 殺人犯捜査第5係
  • 岡部守(おかべ まもる) – 工藤阿須加
    刑事。巡査部長。
    同期の矢代と入れ替わりで異動された。
  • 川奈部孝史(かわなべ たかし)- 光石研
    係長。警部。矢代の元直属の上司。
    矢代の父を柔道の師匠として慕っている。
  • 桑部一郎(くわべ いちろう) – 山内圭哉
    刑事。警部補。
管理職
  • 大岩純一(おおいわ じゅんいち) – 内藤剛志(第1話・最終回)
    課長。警視正。
    第2話では直接の登場はないが、特命捜査対策室第6係の財津が捜査依頼を頼まれたという台詞がある。
  • 小山田大介(おやまだ だいすけ) – 金田明夫(第6話)
    庶務担当管理官。警視。

スタッフ

  • 原作 – 麻見和史『警視庁文書捜査官』(角川文庫 / KADOKAWA刊)
  • 脚本 – 大森美香
  • 音楽 – 村松崇継
  • 主題歌 – 平井堅「知らないんでしょ?」(アリオラジャパン)
  • ナレーション – 増田晋
  • 警察監修 – 古谷謙一
  • 医療監修 – 中澤睦雄
  • 医療指導 – 山本昌督
  • 百人一首監修 – 阿部真弓
  • スタントコーディーネーター – 釼持誠
  • 制作協力 – アズバーズ
  • ゼネラルプロデューサー – 横地郁英(テレビ朝日)
  • プロデューサー – 服部宜之(テレビ朝日)、菊池誠(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
  • 演出 – 田村直己(テレビ朝日)、樹下直美(アズバーズ)
  • 制作著作 – テレビ朝日
銀魂 銀ノ魂篇(4期)
警視庁・捜査一課長season3 〜ヒラから成り上がった最強の刑事!〜

関連記事一覧

GIVER 復讐の贈与者

「GIVER 復讐の贈与者」同名小説を原作としたリベンジ・ミステリー。復讐代行業の男を通じて人間の汚れた部分を炙りだす。

フェイクニュース

「フェイクニュース ドラマ紹介」のページです。MOVIEオンデマンドでは、見逃し配信動画など、毎日更新されるドラマをまとめてご紹介!

やれたかも委員会

やれたかも委員会:ドラマ情報まとめ

BG〜身辺警護人〜

BG〜身辺警護人〜:木村卓也が民間警備会社のボディーガード役に挑む。脚本は「エンジン」(2005年フジ系)以来、13年ぶりに木村とタッグを組む井上由美子が手掛け、思惑行き交う人間ドラマを描く。

スポンサーリンク