スポンサーリンク

弱虫ペダル NEW GENERATION

弱虫ペダル NEW GENERATION

弱虫ペダル NEW GENERATION ストーリー

全国大会<インターハイ>において、チーム全員の力で王者・箱根学園ら強豪たちを破り、みごと総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部。
熱い夏が終わり、金城、巻島、田所の3年生が引退を控え、1年生ながらインターハイで活躍した小野田坂道、今泉俊輔、鳴子章吉と、新主将の2年生・手嶋純太と副主将の青八木一らは“新チーム”として、インターハイ連覇をめざして始動する。
王座奪還を目指し新たなメンバーを加えこちらも新チームとして動き出すライバルの箱根学園。怪物レーサー・御堂筋翔率いる京都伏見高校。全国の強豪たちもインターハイの頂点を目指して走りを磨く。
新たな仲間、新たなライバル、そして新たな戦い…。男たちの熱きドラマが幕を開ける!(wikipedia等参照) (wikipediaより)

2017-1-09(月) 25:35-より放送開始。(テレビ東京)

第1話 「最後の峰ヶ山」

インターハイでの激闘を終えた総北高校自転車競技部。1年の小野田坂道は、同級生の今泉や鳴子と共に、ニューバイクに乗り換え、3年生が抜ける新生チームとしての新たな闘いに向けて走り出していた。総北の新キャプテンに任命された手嶋も、盟友の青八木と共に連覇を目指し動き出す。そんな中、坂道は憧れの先輩である巻島から、ある事を告げられる…。

紹介ページを見る(外部)

第2話 「巻島が残したもの」

巻島が卒業を待たずして部を退部し渡英するというショックから抜け出せず、一人調子が上がらない坂道。練習でも空回りしている坂道に、同じく巻島からクライマーとしての魂を受け継いだ手嶋が「ゆっくりでいい」と語りかける。一方、箱根学園も新キャプテンに泉田が任命され、今年の雪辱を果たすべく新生チームが始動。その中には新たなメンバーが…。

紹介ページを見る(外部)

第3話 「手嶋、魂の走り」

秋の「峰ヶ山ヒルクライム」に出場する総北高校の坂道、今泉、手嶋。インターハイの優勝者として注目を集める坂道だが、不調から抜け出せず、不安で萎縮してしまう。一方、箱根学園は2年生の葦木場拓斗を送り込んできた。202cmという長身を活かした”メトロノームダンシング”で他を圧倒する葦木場に対し、総北の新キャプテン・手嶋が魂の走りで挑む!

紹介ページを見る(外部)

第4話 「峰ヶ山で一番速い男」

峰ヶ山ヒルクライムレースで手嶋が見せる魂の走りに熱い鼓動を感じた坂道は、自らを奮い立たせ懸命に葦木場を追う!果たして勝負の行方は…!?レース後、3年生の福富と顔を合わせる葦木場。彼にはある過去があり…。後日、田所の卒業レースとなる「湾岸クリテリウム」が開催。”総北スプリントスピリッツ”を持つ田所、鳴子、青八木の三つ巴の勝負が展開する!

紹介ページを見る(外部)

第5話 「自転車異種格闘技場!!」

順調に滑り出したと思える新生総北だったが、今泉は3年生が抜けてチーム全体のレベルが下がることを懸念していた。そして鳴子に対して、チームが勝つためにオールラウンダーになれと言い放つ。自分はスプリンターであると反発しつつも、先輩の抜けた穴の大きさを痛感していた鳴子は、ある決意を胸に地元大阪に向かう。一方、総北の練習に1人の中学生が参加する。

紹介ページを見る(外部)

第6話 「鳴子VS御堂筋」

総北を強くする答えを求め、地元・大阪で草トラックレースに参加する鳴子。スピード自慢のスプリンターたちを蹴散らし、自分が強くなっていることを実感する鳴子だったが、そこに京都伏見高校のエース御堂筋翔が現れる。「大切なもの」を賭けた勝負を持ち掛ける御堂筋に、鳴子は全力のスプリントで挑む!そして御堂筋も更なる強さを求めていた…!

紹介ページを見る(外部)

第7話 「最後の走行会」

箱根学園では、伝統の3年生追い出しファンライドが行われようとしていた。120㎞にも及ぶファンライドは、スタート早々福富たち3年vs泉田たち新世代の本気レースに!箱根学園の”王者”としての意志を受け継ぐため、そして憧れである3年たちを超えようとする新世代と、それを迎え撃つ3年生。まずは泉田と新開のエーススプリンター対決がスタートする!

紹介ページを見る(外部)

第8話 「ゴールライン」

箱根学園恒例の3年生追い出しファンライド。福富ら3年に「今から超えます!」と宣言した泉田は新開と対戦し、成長した姿を見せつける。そしてレースは山岳区間に突入、東堂と真波のクライム勝負へ。どこか思い悩む様子の真波に、東堂が語り掛け…。一方、福富と荒北、葦木場と黒田のエースとエースアシストのコンビ同士も熱い火花を散らす!

紹介ページを見る(外部)

第9話 「新生総北、始動!」

2年に進級した坂道、今泉、鳴子。インターハイで優勝した総北自転車競技部には、多くの新入生が入部し、手嶋や青八木も手ごたえを感じていた。しかし、初めて部の先輩となった坂道は戸惑うばかり…。そんな新入部員の中には、中学から活躍していた鏑木一差と段竹竜包の姿も。2人は「1年生レース」でのワンツー優勝でインターハイのメンバー入りを狙っていた!

紹介ページを見る(外部)

第10話 「杉元兄弟の絆」

総北自転車競技部恒例の1年生ウェルカムレースが始まった。その中には2年生杉元の姿が。ひそかに練習を重ね、レギュラーの座を狙う杉元に、今泉たちもエールを送る。しかし、同じくワンツーフィニッシュによるインハイメンバー入りを狙う鏑木と段竹は凄まじいスピードでレースをリードする。それでも諦めない杉元は、弟・定時と一緒に2人を追い上げていく!

紹介ページを見る(外部)

第11話 「決着」

混戦となった1年生ウェルカムレースは、大本命の鏑木と段竹、そして弟・定時とのシンクロ走法で驚異の追い上げを見せた杉元によるゴール争いへと突入!レースを制したのは…鏑木!敗れた杉元は鏑木に想いを託す。インターハイ出場を目指す総北のレギュラメンバーの座を勝ち取った鏑木は期待に胸を膨らませるが、一方で先輩らしくない坂道に不満を抱いていた。

紹介ページを見る(外部)

第12話 「トラブル!

インターハイ千葉県予選。高校の公式戦デビューとなる鏑木は自分がエースとして走ると意気込むが、段竹と離れ1人で走るプレッシャーから腹痛に襲われる。レーススタートから勢い良く飛び出す鏑木だったが、パンクトラブルに見舞われてしまう。果たして総北はインターハイに出場できるのか…!?そして、王座奪還を目指す箱根学園、御堂筋の京都伏見も動き出す!

紹介ページを見る(外部)

第13話 「1000㎞再び」

インターハイ出場を決めた総北は、最後の強化を図るために地獄の1000km合宿へと突入する!4日間で1000km走破という過酷なメニューに、合宿初参加の鏑木たちは戸惑いを隠せない。一方、車酔いで参加が遅れていた坂道の前に、3年生の古賀公貴が現れる。これまでメカニックなどで部を支えていた古賀は、ある決意をもってこの合宿に参戦してきていた。

紹介ページを見る(外部)

第14話 「凡人と天才

手嶋と古賀によるインターハイメンバー入りを賭けた勝負が始まった。力強い走りで手嶋を追い込んでいく古賀は、1年の時にインターハイに出場するほどの選手だったが、レース中に重傷を負い、これまで回復に努めていたのだ。古賀はインターハイで借りを返そうと意気込むが、手嶋は魂の走りで食らいつく!そしてインターハイ入れ替え戦は最後のゴールスプリントへ…!

紹介ページを見る(外部)

第15話 「古賀のゴール

インターハイメンバーの座を賭けた手嶋と古賀の勝負は、手嶋に軍配が上がった。勝負を終え、吹っ切れた古賀は、空白の時を埋めるように手嶋、青八木と語り合う。古賀の熱い意志を受け、坂道や手嶋ら6人はインターハイに向けて決意を新たにする。過酷な練習が続く中、合宿所になんと京都伏見の御堂筋と1年の岸神小鞠が偵察に現れる。岸神は坂道に接触し…。

紹介ページを見る(外部)

第16話 「2度目のインターハイ

いよいよインターハイ栃木県大会の日がやって来た!連覇への決意を胸に会場入りしたチーム総北、王者奪還を目指す箱根学園、御堂筋率いる京都伏見…。全国の強豪チームが続々と集い、熱気に包まれていく。そして総北は前年優勝チームの証、ヒトケタゼッケンを手に士気を高める。そんな中、緊張からトイレへと駆け込んだ鏑木は、そこで箱根学園の銅橋正清と遭遇する。

紹介ページを見る(外部)

第17話 「ふくらむ青八木」

スタート直前、京都伏見は御堂筋が急遽メンバーを変更し、1年の岸神小鞠がチームに入る。一方、ウォーミングアップ中だった今泉の前に岸神が現れ…!?葦木場や1年生レギュラーの新開悠人ら箱根学園も闘志を燃やし、全国の強豪たちがスタートラインに集結。そして、坂道は叫ぶ!「ボクたちはひとつです!」いよいよインターハイがスタートする!

紹介ページを見る(外部)

第18話 「スタート!!!

それぞれの想いを胸に、遂にスタートしたインターハイ栃木県大会。坂道は真波と言葉を交わし、インターハイ中に山で勝負することを約束。ペースが徐々に上がり、泉田がファーストリザルトを狙って送り出したのは”怪道”銅橋!銅橋はその豪快な走りで他チームを圧倒する。総北は青八木、そして鏑木が飛び出した。そこで青八木は必殺の「酸素音速肉弾丸」を繰り出す!

紹介ページを見る(外部)

第19話 「怪道銅橋

ファーストリザルトを狙って各校のエーススプリンターが疾走する中、総北は青八木と鏑木が先頭を猛追する。そこで待っていた”怪道”銅橋と、青八木・鏑木のコンビが激突!野性的な走りを見せる銅橋に、鏑木は”ある神様”の助言で磨いた走りを見せる!しかし、銅橋は「勝つことこそ真実」と豪語し、自らの感情をむき出しにして2人の前に立ち塞がる。

紹介ページを見る(外部)

第20話 「鏑木、全開!

銅橋が背後に迫る中、青八木は新たな必殺技で対抗し、全開のスプリントでリザルトラインを目指す!それでも解き放たれた銅橋も追いすがり、青八木と肉薄。そして、その背後には鏑木の姿も…!ファーストリザルト、決着!

紹介ページを見る(外部)

第21話 箱根学園、動く!

紹介ページを見る(外部)

第22話 ゼッケン1のプレッシャー

紹介ページを見る(外部)

第23話 坂道、追撃

紹介ページを見る(外部)

第24話 雑草の走り

紹介ページを見る(外部)

第25話 空を仰ぐ

紹介ページを見る(外部)

弱虫ペダル NEW GENERATION 関連グッズ


※関連商品は、自動検索の為、関連アニメと異なる商品が検索される場合がございます。予めご了承ください。

弱虫ペダル NEW GENERATION 声優

小野田坂道:山下大輝
今泉俊輔:鳥海浩輔
鳴子章吉:福島潤
手嶋純太:岸尾だいすけ
青八木一:松岡禎丞
杉元照文:宮田幸季
寒咲幹:諏訪彩花
寒咲通司:諏訪部順一
橘綾:潘めぐみ
金城真護:安元洋貴
巻島裕介:森久保祥太郎
田所迅:伊藤健太郎
真波山岳:代永翼
泉田塔一郎:阿部敦
黒田雪成:野島健児
葦木場拓斗:宮野真守
福富寿一:前野智昭
荒北靖友:吉野裕行
東堂尽八:柿原徹也
新開隼人:日野聡

弱虫ペダル NEW GENERATION シリーズ作

弱虫ペダル (全38話)
弱虫ペダル GRANDE ROAD (全24話)
≫弱虫ペダル (OVA+劇場版)

弱虫ペダル NEW GENERATION 公式サイト

弱虫ペダル NEW GENERATION 公式サイト
弱虫ペダル NEW GENERATION の情報を詳しく知りたい方はコチラへ
【弱虫ペダル wiki】


このページはアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』を紹介しています。

弱虫ペダル GRAND ROAD
弱虫ペダル

関連記事一覧

今日から俺は!!

0年代に少年サンデーで連載されたヤンキー・コメディ漫画を実写化。 「銀魂」福田雄一監督が脚本&演出担当。

ぐらんぶる

ぐらんぶる:スキューバダイビングを題材にした青春ストーリー。主演声優に内田雄馬。

鬼滅の刃

週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の吾峠呼世晴 原作による漫画『鬼滅の刃』がTVアニメ化され、2019年4月より放送スタート!

B-PROJECT~絶頂*エモーション~

「B-PROJECT~絶頂*エモーション~アニメ紹介」のページです。MOVIEオンデマンドでは、見逃し配信動画など、毎日更新されるアニメをまとめてご紹介!

一騎当千 Western Wolves

2015年にOVAでリリースされた「一騎当千Extravaganza Epoch」の続編『一騎当千 Western Wolves』が、2019年1月3日に放送される。新キャラクターも加わり、声優陣もさらにパワーアップ! 三国志の宿命を背負った美闘士達の伝説が再び幕を開ける!!

スポンサーリンク