dTV
dTVは携帯キャリアとして有名な、NTTdocomoが提供している動画配信サービスです。

インターネットを通じてパソコンやスマートフォン、タブレットの他、テレビなどの多くのデバイスから視聴できます。




スポンサーリンク

dTVの特徴

登録できるデバイスは最大5台までです。

テレビで視聴するなら、専用アダプターを取り付けるだけで対応機種に変化します。

自宅のリビングならテレビ、作業部屋ならパソコンで、外出先ならスマートフォンやタブレットといった風に、使い分けができます。

国内最大級の規模を誇り、豊富なジャンルが用意されています。

ジャンルを細かく見ていくと、

  • ニュース
  • 音楽
  • 国内外の映画
  • ドラマ
  • 人気のアニメ
  • ガールズ向け
  • キッズ向け
  • 韓流
  • 華流

の動画が揃っています。

他にも教養にバラエティ、dTVだけのオリジナル作品が存在します。

dTVの特徴として、漫画やカラオケなども用意されている部分に注目です。

動画だけにとどまらないジャンルの豊富さが魅力です。

オフライン環境でも視聴が可能

オフライン環境で視聴できる工夫が可能です。

スマートフォンに最新版アプリをダウンロードし、自宅のWiFiなどを使って動画をダウンロードしておきます。

こうすればインターネットに繋がりにくい状況でも快適に視聴可能です。

通信制限を気にせずに利用できるのが便利です。

docomoのサービスですが、docomoユーザー以外も利用可能

docomoのサービスですので、docomoユーザーしか利用できないイメージがあるものの、docomoと契約していない人でもdTVを利用できるのがメリットです。

dTVの料金設定と無料視聴について

月額税抜500円で見放題の格安サービスに仕上がっている、利用しやすさがメリットです。

個別の作品に課金して視聴も可能です。

1本税抜100円から揃っています。

docomoのユーザーであれば動画配信サービスの利用はとても簡単です。

オンライン手続きサイトから入会するだけです。

他にもdocomoショップや、docomoインフォメーションセンターへの電話連絡でも手続きできます。

その他の人も公式サイトから手間なく手続きできます。

入会時にdアカウントとパスワードを設定してアカウントを作成する必要があります。

今現在、初回31日間無料キャンペーンを開催中で、初めての利用者なら期間内に限り、無料で体験できるチャンスがあります。

31日間が経過した時点で無料サービスは終了です。

そのときに月額料金を支払っておけば、継続してサービスの利用が可能です。




スポンサーリンク

dTVの解約方法

契約は自動更新ですので、自分自身で解約手続きをします。

手続きを終えていないと月額料金を請求されるため、注意が必要です。

解約方法ですが、退会手続きをする流れになります。

dTVにログインし、メニューのアカウントを表示させます。

アカウントの中に退会の文字がありますので、そこをクリックして案内に従って手続きを進めます。

手続きの際にはdアカウントとパスワードの入力が必要ですので用意しておきます。

システムメンテナンス中は手続きができないため、メンテナンス実施前か、終了した後に手続きを行います。
詳しくはこちら







スポンサーリンク