陸王

陸王

半沢直樹チームが再集結した経済ドラマ。
池井戸潤の同名小説をドラマ化。
従業員20人余、経営危機に陥った老舗足袋業者こはぜ屋の4代目社長・宮沢(役所)が、知恵と努力で業界名だたるランニングシューズを生み出す逆転物語。




スポンサーリンク

放送日時

10月15日(日)スタート 21時~ 放送

陸王ストーリー

埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。これまで培った足袋製造の技術を生かして、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発はできないだろうか?
世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足——。従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出る!

www.tbs.co.jpより参照

各話あらすじ

第1話:10月15日放送

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。その四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていた。 そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れた宮沢。なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業に踏み出してみてはどうかと提案をされる。
突飛な話だったためその場は軽く応えた宮沢だったが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考えはじめると、ほどなく、あるきっかけで新規事業について閃く。それは、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発だった。
早速動き出した宮沢は、スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融(光石研)を坂本から紹介されると、有村は愛知県豊橋市で行われる国際マラソン選手権を見に行こうと宮沢を誘う。学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)が出場することで話題となっている豊橋国際マラソンだ。宮沢は息子の大地(山﨑賢人)とともに豊橋へ向かった。

第2話:10月29日放送(22日は選挙の為休止)

宮沢は『陸王』の開発を進めるが、ソールの耐久性が弱いことに悩んでいた。新ソールを作らなくてはいけないと考えた宮沢は以前、坂本からもらった繭を特殊加工した素材であるシルクレイを思い出す。その特許は「飯山産業」の元社長である飯山が持っており、宮沢は飯山を捜し始める。さらに、宮沢は茂木に『陸王』を履いて欲しいと手紙を出す。運良く、宮沢は飯山との面会がかなうが、飯山はシルクレイの使用料として莫大な金額を提示する。

第3話:11月5日放送

宮沢は、大地に飯山のシルクレイの開発を手伝うよう持ち掛ける。大地は開発に励むが、思うようなものが作れずにいた。宮沢は銀行に追加融資を頼むが断られ、茂木に『陸王』を履いてもらおうと交渉するが、門前払いに遭う。

第4話:11月12日放送

茂木は会社から陸上選手を諦めるようほのめかされる。宮沢はそんな茂木に足型を取らせてもらうよう頼みに行くが、拒否されてしまう。そんな中、宮沢は村野に陸王を見てもらう機会に恵まれる。

第5話:11月19日放送
新しい足袋を開発し資金繰りの突破口を見出す!

『陸王』の開発費がかさみ、資金繰りを再考する宮沢は、富島と意見がぶつかる。そんな中、宮沢は地下足袋のソールをシルクレイにした新製品の開発を思い付く。その後、『陸王』と同時に作り出された足袋『足軽大将』が異例の売れ行きを記録。宮沢はそれを基に融資を頼みに行く。

第6話:11月26日放送
茂木が「陸王」を履いて復帰戦に挑む!

茂木が『陸王』を選ばなくとも応援すると決めた宮沢は、ニューイヤー駅伝の会場で『陸王』を履いた茂木を見て感動する。小原は、アトランティス社の靴を履かなかった茂木に怒りを募らせる。そんな中、茂木はライバルを抜き、毛塚と接線を繰り広げる。

第7話:12月3日放送
素材も機会も失い『陸王』が製造停止の危機に・・・

こはぜ屋がタチバナラッセルとの取引が白紙となり、『陸王』は製造停止の危機に。大地は代わりになりそうな織物会社を調べ、宮沢を感心させる。一方、大会後の取材で茂木は、『陸王』を堂々と宣言。宮沢は『陸王』を受注生産に切り替え、広告を出すことを検討する。

第8話:12月10日放送
宮沢の一番の味方だった坂本が『こはぜ屋』の売却を提案!?

宮沢は、投資会社に転職した坂本から「こはぜ屋」を売ることを提案され、激怒する。そんな中、江幡から『陸王』のPRのためにみんなで駅伝に出ないかと提案される。一方、茂木は前回棄権した豊橋国際マラソンに再挑戦したいと城戸に直談判する。

第9話:12月17日放送

『陸王』に欠かせないソールを製造するシルクレイ製造機が故障し、生産再開に必要な1億円の目途が立たず窮地に追い込まれた宮沢と「こはぜ屋」。そんなときに降って湧いた、米国企業「フェリックス」御園からの買収案に悩む宮沢だが、こはぜ屋の従業員たちの間でも意見が分かれていた。「こはぜ屋が人の手に渡ってもいいのか?」と大地が心配すると、あけみは買収には断固反対と泣きながら訴える。従業員の士気は下がる一方で、日々の足袋造りにも影響が出始めてしまう。

第10話:12月26日放送

宮沢は飯山らとこはぜ屋の未来について話していくうちに、あることを思い付く。そこで、宮沢は御園と直接会ってそのことを話す。だが、御園は突然のことに困惑してしまう。一方、茂木は『陸王』がない中、前回棄権した豊橋国際マラソン出場に向け、調整を続けていた。

ティーバー(TVer)で見逃し配信 1月14日(日) 20:59配信終了

TBSオンデマンドで見逃し配信  1月14日(日) 20:59配信終了







スポンサーリンク

キャスト

  • 宮沢紘一(みやざわこういち):役所広司
  • 宮沢大地(みやざわだいち):山﨑賢人
  • 茂木裕人(もぎひろと):竹内涼真
  • 宮沢 茜(みやざわあかね):上白石萌音
  • 坂本太郎(さかもとたろう):風間俊介
  • 城戸明宏(きどあきひろ):音尾琢真
  • 平瀬孝夫(ひらせたかお):和田正人
  • 毛塚直之(けづかなおゆき):佐野 岳
  • 大橋 浩(おおはし ひろし):馬場 徹
  • 安田利充(やすだとしみつ):内村 遥
  • 江幡晃平(えばたこうへい):天野義久
  • 仲下美咲(なかした みさき):吉谷彩子
  • 水原米子(みずはら よねこ):春やすこ
  • 橋井美子(はしい よしこ):上村依子
  • 西井冨久子(にしい ふくこ):正司照枝
  • 立原隼斗たちはらはやと):宇野けんたろう
  • 加瀬尚之(かせなおゆき):前原 滉
  • 内藤久雄(ないとうひさお):花沢将人
  • 川井(かわい):佐藤俊彦

スタッフ

  • 原作:池井戸潤「陸王」( 集英社 刊 )
  • 脚本:八津弘幸
  • 音楽:服部隆之
  • 劇中歌:Little Glee Monster(ソニー・ミュージックレコーズ)
  • ナレーション:八木亜希子
  • プロデューサー:伊與田英徳・飯田和孝・川嶋龍太郎
  • 演出:福澤克雄・田中健太
  • 陸上総監督:原 晋( 青山学院大学陸上競技部 長距離ブロック監督 )
  • 陸上協力:青山学院大学陸上競技部
  • トレーニング協力:スポーツモチベーション
  • 足袋協力:きねや足袋
  • 協力:埼玉県行田市
  • 製作著作:TBS







スポンサーリンク