先に生まれただけの僕
出典:www.ntv.co.jp

先に生まれただけの僕

底辺私立高校を舞台にした社会派エンタメ。
30代にして学校校長に就任したエリート商社マンが、学校立て直しのため改革に乗り出す。




スポンサーリンク

放送日時

10月14日(土)スタート 22時~ 放送(初回14分拡大)

先に生まれただけの僕ストーリー

民間企業が経営する京明館高校は、社内で「不採算部門」と呼ばれている。偏差値は、中の下でスポーツが優れているわけでもない。第1、第2志望校に落ちた生徒が入る、定員割れギリギリの高校だ。
そんな学校の経営を立て直すため、大手総合商社「樫松物産」で働く商社マン・鳴海涼介(櫻井翔)が、校長として送り込まれる。教育現場を知らない鳴海は、突然の校長という立場と、これまでのビジネスの常識とはかけ離れた学校現場の実態に困惑する。
一方、鳴海を校長として迎えることとなった現場の教師たちは当然反発。しかし、彼らにも熱い教育理念があるわけでもない。果たして、鳴海は京明館高校を立て直せるのか。

tv.yahoo.co.jpより参照

各話あらすじ

第1話:10月14日放送

総合商社・樫松かしまつ物産に勤める鳴海涼介(櫻井翔)は、抜群の営業力で青森にある子会社の赤字経営を立て直した。ある日、彼は、東京に戻ってくるようにと上司に命じられる。次の役職はなんと、高校の『校長』。いわば左遷であった。
会社が経営する私立京明館高校が毎年赤字で、鳴海はその京明館高校の経営再建を任されたのであった。鳴海は戸惑うものの、サラリーマンとして会社の決定に従うしかなった。
校長に就任した鳴海は副校長の柏木文夫(風間杜夫)とともに、教員たちと面談するが、彼らは誰ひとり危機感を持っていない様子。一方、真柴ちひろ(蒼井優)をはじめとした教員たちは、教育の現場を全く知らない鳴海に不信感を抱く。鳴海はこれまで経験してきたビジネスの論理で学校改革を目指すものの、さまざまな壁が立ちはだかり…。

第2話:10月21日放送

鳴海は、奨学金について話をした生徒が学校を欠席しているのを発見し、ショックで不登校になってしまったのではないかと慌てる。その様子を見たちひろは、成美が自分の評価を機にして慌てていることを察し、冷たく当たる。そんな中、学校改善のために教師たちの意識改革を決意した鳴海は、教師たちに予備校のカリスマ講師による講習を受けるよう提案する。教師としてのプライドもある一同は反発し、数学科教師の及川は講習を欠席してしまう。苛立つ鳴海は、副校長の柏木から、及川の意外な事実を聞かされる。

第3話:10月28日放送

鳴海は退職した及川に変わって、数学の授業を受け持つことに。鳴海は自分から言い出したものの、授業の仕方が思い浮かばず苦悩する。翌日、生徒たちの前で、鳴海は緊張しながらもある方法で授業を始める。一方、コンビニから生徒の門倉が漫画本を撮影していたという通報が入り、ちひろは門倉を呼び出す。

第4話:11月4日放送

鳴海は教師たちに、島津からアクティブラーニングの授業の仕方を学ぶことを提案する。文恵らは反発するが、受験を控えた3年生を除き、1、2年生をアクティブラーニングの授業スタイルに変えていくことに決定。ちひろ、薫らが新授業を実践し、手ごたえを感じる中、疎外感を抱いた3年生たちが、職員室に乗り込んでくる。

第5話:11月11日放送

鳴海は来校者数がとてもすくなかったというオープンキャンパスを、学校説明会の前にもう一度行うことを決意。さらに京明館高校を経営する樫松物産の社長を思い切って招待することに。それを聞き、鳴海に反抗し続けている文恵らは焦り出す。これまで孤軍奮闘だった鳴海だったが、アクティブラーニングを取り入れたことでついに学校改革に理解を示す教師や生徒たちも現れる。

第6話:11月18日放送
オープンキャンパスは成功するが、まだまだ現実は厳しい・・・

オープンキャンパスが成功し、京明館高校の印象が変わり始める。鳴海は手ごたえを感じるが、柏木は京明館は公立の滑り止めであるため、学校説明会では公立受験の相談に乗るように進言。鳴海は他校を薦めることに納得できずにいた。一方、ちひろは鳴海を意識し始める。

第7話:11月25日放送
卒業後すぐに結婚したい生徒に、鳴海が掛ける言葉とは・・・

特進クラスのほのかの母親が、娘の相談で学校を訪れる。ほのかは大学に進学せず、12歳年上の恋人と結婚すると言いだしたと言う。鳴海は、ほのかと恋人男性の真剣な気持ちを聞くが、なぜか納得がいかなかった。一方、ちひろと聡子は、偶然街で出会う。

第8話:12月2日放送

ちひろのクラスの生徒である達也の成績が特進クラスの基準を下回り、来年度はクラスを外れることに。すると、納得できない達也の父である和宏が学校にクレームを言いに来る。鳴海は和宏への対応の同席を希望するが、柏木に止められてしまう。そして後日、改めてやって来た和宏ら“モンスターペアレンツ”との話し合いに同席した鳴海は、達也がプロ棋士になる夢を優先したため勉強をしていなかった事実を聞く。さらに、現状の実力ではプロになることは難しいと知り、思い悩む。

第8話:12月9日放送
いよいよ入試が近づき、教師たちは受験生を増やす作戦を考える

京明館の部活動を強化する為に採用したバスケットボール部のコーチが高額の遠征費用を請求し、保護者からクレームが入る。鳴海は柏木らに解決策を問われ、困惑する。そんな中、島津を中心とした教師らは、新入生を150人以上確保する為のアイデアを考え始める。

最終回:12月16日放送
鳴海が人生の岐路に立つ

聡子から一方的に別れを告げられた鳴海は、聡子に連絡するが無視される。さらに、加賀谷から京明館高校に残るか、樫松物産に戻るかの2択を迫られて悩んでいると、そんな鳴海に柏木が声を掛ける。

12月23日(土)21時59分配信終了しました




スポンサーリンク

見逃し配信は日テレオンデマンドで

先に生まれただけの僕』は日テレオンデマンドで見逃し配信されます。

最新話については1週間に限り無料配信期間で視聴が可能です。

最新話以前の回については有料配信となりますが、月額933円(税抜)の「Hulu」に加入することで全話見放題で視聴可能になります。

日テレオンデマンドでも、視聴はできるのですが1話300円(税抜)必要になるので、月額で見れるHuluがおススメです。

初めての方にはHuluが14日間無料で試せる

今なら、「Hulu」を14日間無料でお試しすることができます!

登録はとっても簡単ですし、14日間の間に解約すれば料金は全く発生しません。

『先に生まれただけの僕』の他にも

  • ドラマ
  • アニメ
  • バラエティ
  • 映画

が見放題!

『先に生まれただけの僕』の見逃し配信を見るのをきっかけに、無料期間だけでも試してみてはいかがでしょうか。

キャスト

  • 鳴海涼介(なるみ りょうすけ):櫻井 翔
  • 真柴ちひろ(ましばちひろ):蒼井 優
  • 島津智一(しまづ ともかず):瀬戸康史
  • 市村 薫(いちむら かおる):木南晴夏
  • 矢部日菜子(やべ ひなこ):森川 葵
  • 後藤田 圭(ごとうだ けい):平山浩行
  • 河原崎孝太郎(かわらざき こうたろう):池田鉄洋
  • 及川祐二(おいかわ ゆうじ):木下ほうか
  • 松原聡子(まつばら さとこ):多部未華子
  • 綾野沙織あやの さおり):井川 遥
  • 郷原達輝(ごうはら たつき):荒川良々
  • 杉山文恵(すぎやま ふみえ):秋山菜津子
  • 加賀谷圭介(かがや けいすけ):高嶋政伸
  • 柏木文夫(かしわぎ ふみお):風間杜夫

スタッフ

  • 脚本:福田 靖
  • 演出:水田伸生 ほか
  • 音楽:平野義久
  • プロデューサー:次屋 尚・高橋史典(ケイファクトリー)
  • 制作協力:株式会社 ケイファクトリー







スポンサーリンク